カテゴリ:まるちゃん ちくわちゃん日記( 19 )

贈り物をいただく

ちくわちゃんに 半年過ぎているけれど 親戚から誕生祝をいただいた。
素敵な ブランド品の紙袋を見て すごいぞ!と思ったが
中身を見てもっと驚いた。
ちくわちゃんの ジャンバースカートと ソックスが入っていた。
ANNA SUI という 女性なら大抵知っているブランドで
最近 子供服でも人気があるだが 一般庶民の値段ではない。
ソックスには 立体的な猫の顔が縫いつけられていて
それは 先日まるちゃんに買ってあげた VANSのスリッポンのズックより
高い値段がするのだと分かった!
ジャンバースカートには 一面にミシン刺繍が施されていて 上質の綿素材で
しっかりとした縫製がなされている。
それはたぶん…先日娘に買ったブラウスとバック合わせたよりも高い値段なのだ。
もちろん そういう世界があるのは 重々よく分かっている。
でも 私の「分」では無いし 贈り物にもできない。
ちくわちゃんもまるちゃんも娘も とても大切に 可愛いと思っているけれど
そんなものは買えない。

だけれど それが可愛いと言うのは 7か月にならないちくわちゃんにも分かるらしく
試着して 披露する姿は まるでモデルさんのように可愛くして
満面の笑みを浮かべ
知ってか知らずか スカートのすそをつかんで バレリーナのようにポーズしている。
女の子なのね…

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2017-08-11 19:41 | まるちゃん ちくわちゃん日記 | Comments(0)

カタカナ

まるちゃんは たどたどしくても 自分で根気強く 絵本を読むようになりました。
以前から本は大好きだったのですが
まるちゃんは ページをめくりながら 自分でオリジナルのお話をするのが
彼流の 絵本の時間だったのです。
それはそれは 聞いていると とても楽しいモノでした。
でも その「ちいさい子」のお楽しみはもう終わりのようです。
自分で 新幹線の絵本を読むために カタカナを覚えたい意欲が出たそうです。
で カタカナ表が欲しいな…と娘が思ったそうです。
でも 買うのは何だ…と思ったのか 彼女は自分で作るのでした。
b0318207_16155070.jpg
すべてイラスト入り!
絵は まるちゃんが言ったものを書いたそうです。
あ は あひる。 い は いも。 う は うさぎ。 え は?
どうして電車の絵が描いてあるのだろう…分からない…
と思ったら これは 江ノ電 の え なんだそうです。
あと 面白いところは ち ですかね…ちくわ。
最高に面白いのが の! これはきっと誰も分からない。 のりまき!
永久保存版で 残しておきたい カタカナアイウエオ表です。

さっそく まるちゃんは カタカナを書けるようになっています。

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2017-07-24 07:04 | まるちゃん ちくわちゃん日記 | Comments(0)

ちくわちゃんの花

我が家に 今年3回目の春を迎える「仙台しだれ」という名の
枝垂れ桜の木があります
今年は 沢山花をつけました
今を盛りに 咲いています
過去2年間も 写真とともに ブログに載せています
去年までも 可愛い花なの!って 言ってきたけれど
この花はね ちくわちゃんです
b0318207_16263867.jpg
ちくわちゃんは この花のイメージなのです
今年1輪目が咲いて 庭に見に行った瞬間 思いました
ちくわちゃんだ!! (ババ馬鹿と笑ってください)

娘は 白い椿の花でした
庭にある 実生の椿が 家には無い 白い花をつける椿でした
それを 家族で ○○(娘の名前)の椿 と呼んで 大切に育てていました
小学生の頃は 娘と同じ身長に育っていました

どうぞ いつまでも この桜のように 愛らしく たくましく 咲きますように

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2017-04-19 06:30 | まるちゃん ちくわちゃん日記 | Comments(0)

30年前のベビー服

30年前 娘が生まれたばかりの頃だったか 1歳になった後だったか
私が縫ったワンピースが2枚 あります
1枚は 水色のセーラーカラーだったので
まるちゃんに着せられるかと思い すでに娘の手元にあります
でもそれは 大人のワンピースのお古から作ったリメイク品で
もう一枚のワンピースよりも 手抜きなのです

これこそが その頃の私としては 大作だったのです
b0318207_14445620.jpg
スモック刺繍で パフスリーブ 女の子のお出掛けワンピースの王道です
30年前は 今よりも トーションレースが売っていなくて
襟もとのレースは綿ではなく化繊の生成りで我慢しています
それに…今見ると つたない裁縫技術です
この後 私は 娘のパジャマやブラウスをたくさん作り
果ては アストラカンというウールの布地で フードつきの裏付コートを縫うまでになります
実践で 誰かに教わることなく だんだんと 少しずつ覚えました
   (でも 主要なことは 学校の家庭科の授業で教わってるものです)
そり遊び用のつなぎとジャケットとリュックサックも作りました
旅行に行くことがある度に 新しい服を作って着せたものです
今ほど 子供服の選択が無く シンプルで好きな色で可愛くて機能的なものが無かったのです
今なら モンベルやファストファッションで 程よい値段の良いものがあるのに
b0318207_14435908.jpg
でも…それにしては ここまで丁寧に刺繍してたりして
20代前半の私 がんばってたのねぇー
先日買ったお洋服とともに ちくわちゃんに着せてもらうように送ります
nextに これくらいの刺繍がされた素敵なワンピースが 安価にあるけれど
これはまぁ 思い出の一枚ということで…

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2017-03-06 15:01 | まるちゃん ちくわちゃん日記 | Comments(0)

ちくわちゃんの クーハン

予定日は 今月中です
いよいよ ちくわちゃんに会う日が だんだん 近づいています
すでに昨年完成させていた まるちゃんのクーハンの カバーだけ新しくした 
ちくわちゃんバージョンのクーハンの写真 が 届きました
b0318207_22420917.jpg
思い切り ラブリーに 可愛らしくしました
だって 女の子なんですもん!

お花模様も考えました でも…
手作りって どうしても シックな色にしない限り カントリーチックになっちゃうんです
そこで 森ガール大好きな私は ペチコートやキャミソールにしたくなるような
全面レースの生地を見つけ
だからといってゴテゴテな おフランスな感じの
貴族のお城っぽいイメージにならないように
可愛いさが前面に出るようにレースを付けていきました
ただ…値段もあります
いくらでもお金を出せば もっと良い生地も選べます
それで 同じ形を作ると 新しいハイソなクーハンが買える値段になります
それでもよかったんだけど…お金は もっと子どもに必要な事に使おう
と 娘と話して この素材になりました
b0318207_22410833.jpg
ちくわちゃんが寝ると こんな感じかな…と
娘が まるちゃんの クマゴロウを入れて写してくれました
クマゴロウは 数年前のお年玉替わりに私がまるちゃんにあげたクマ
オーガニック素材(オーガニックコットンとピュアラムウール)で出来た
ドイツの由緒正しいクマなのですが なんだか ネズミみたいなクマです
ネットで 実物を見ないで贈って「これからは見てからあげよう」と心に決めた品です
それでも まるちゃんは 可愛がってくれていますが…

まるちゃんの所は 昨晩 15cmほど 雪が積もったそうで
幼稚園がお休みのまるちゃんは 気が済むまで外で雪遊びをしたそうです
私が買った中古の「プチバトー」のめちゃくちゃ可愛いカバーオールの雪支度で
黄色い「モンベル」の長靴を履いて…
「おばあちゃんの所も降った?」「うううん 降らなかった」
「えー!降らなかったの?どうしてだろう…」
まだ4歳になったばかりのまるちゃんには それは とても不思議な事のようでした
「新幹線に乗っておいでよ!一緒に雪遊びしよう!」 と 言ってくれたけれど…
先日も ちょっと具合を悪くして救急車に乗った父を置いていくのは
以前にも増して難しくなり ちくわちゃんが生まれたとなっても
私がまるちゃんの所へ行かれるかどうか 怪しくなるばかりです

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2017-01-09 23:17 | まるちゃん ちくわちゃん日記 | Comments(0)

早くもお祝いのプレゼント!

帰ってきて また 父との静かな生活
夜は大抵 二人でテレビを見る  老夫婦のようだ…
でも 偏屈な父なので 私が同意できない意見を語っている時には
私は ただ 黙っている  聞き流し 何も言わない
話したい時は 私も一人で父を相手に べらべらと話している
やはり…老夫婦のようなのかもしれない

火曜の夜 BS NHKで イッピン!という番組がある
ものづくりを見るのが好きな私と 工業系の学校を出て 機械の仕事をしてきた父
見ている視点は別だけれど それぞれに楽しんでいる

昨日は松本家具だった
先日泊まったホテルの調度品は多分 多くが 松本家具だったと思われる
どれも座り心地の良い椅子や 趣味の良いテーブルやチェストだったりした
ランプも いくつか 見惚れるほど素敵なものが置いてあった
ウィンザーチェアーがメインに紹介されていたのだが
2つ目に紹介されたのが 1歳から使える子ども用の椅子だった
私と父は 一目ぼれだった
父が言った「生まれて来る子の誕生祝にこの椅子はどうだろう」
さっそくネット検索をして 家具工房を見つけた
サプライズにしたい気持ちもあったけれど 家具なので不用品を贈っても困るだろうと
娘に確認   娘も 驚くほどのお気に入り具合だった
もちろん 手作り作品だから ある程度お値段はする だけどたぶん
物持ちのいい我が家の事 次の代まで使うんだろうと思う
番組で紹介していたのは「一歳児でも動かせるほど軽い」「片方に荷重しても倒れない安定性」だった…父は安定性を気に入ったのだろうと思う 私はデザインが好きだったし
ちゃぶ台の高さで子どもが遊べる 姿勢よく食べられる という点
後は 小柄な大人なら座っても大丈夫な丈夫さ だった…
小柄な大人 という点なら 娘も婿さんも私も 座れるし 何の問題もないはず
ネットで申し込んだ
翌日(今朝)返信メールが届いた
完成は来年3月下旬の予定
その頃は ちくわちゃんの百日のお食い初めがある頃だろうか…
春になり お宮参りに行く頃だろうか(寒い地域なので冬は避けます)
良いプレゼントに出会えて 手にする前からとてもうれしくなっている

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2016-09-28 17:23 | まるちゃん ちくわちゃん日記 | Comments(0)

入園グッツ その7

ながなが 入園グッツを載せてきたけれど これで最後にしましょう
スモック袋と お着替え袋です
b0318207_23375371.jpg
基本同じ形で 持ち手がついているか ついていないかの違いです
どっちがどっちだったのか…忘れてしまいましたが
指示通りに作りました
参考サイズは違ったのですが 容量が同じなので 同じに作りました
ツートーンに赤白のテープが入るだけで
模様が立体的に見えて ピリッと引き締まります
デザインって面白いんだなーと 凡人の私は感心しました
まっすぐステッチミシンをかけるのは緊張したけれど…
二つとも 使用時には 上に紐を入れて 巾着型にして使います

じつは まるちゃんは 嫁ぎ先のおばあちゃんのお母さん…
つまり 曾おばあちゃんが亡くなったので 急いで実家に帰ってしまったのです
それはもう 今から1週間ほど前の事です
ですから いりようの物だけ持って 荷物は葬儀を終えて家に帰ってからあとに
宅配便で送ることになったのです
この巾着型の袋に お名前アップリケを縫い付ける間もなく
あわただしく 大好きな新幹線に乗って 帰って行ったまるちゃん
私にぺったりとくっついて過ごしていたので
泣いたり 寂しがったりするかなーって思ったけれど
新幹線に乗れる嬉しさや 新幹線がホームにたくさん止まっている興奮で
私と別れることなんか まったく意にかえさないまま
まるちゃんは帰って行ったのでした
絵本で読んだように 新幹線の中でお弁当を食べるように
美味しそうな駅弁を持って シートから手を振ってくれました

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2016-02-11 01:00 | まるちゃん ちくわちゃん日記 | Comments(0)

入園グッツ その6

これは まだ 完成とは言えないと思うのだけれど
今から 荷造りをして 送らなければならないので
上に紐を入れて 閉じられるようにした写真は省略します
入園グッツその6は上履き入れです
指示されていることは 大きめで自分で入れやすく
落ちないように紐をぎゅっと引っ張って閉じられる巾着タイプ ということ
袋物には ビートル柄の洒落た柄の布を見つけたので ママがチョイス
b0318207_14042598.jpg
落ち着いたデザインで 品のいい袋に仕上がりました
まるちゃんは 小柄な子なので 持ち手は短めにしました
振り回したり 引きずったり…しそうな気がしますから
絵本袋と同じで 持ち手は柔らかく…丈夫さよりも持ちやすさを重視しました

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2016-02-10 01:00 | まるちゃん ちくわちゃん日記 | Comments(0)

入園グッツ その5

その5は 傑作です
絵本袋です
まるちゃんの幼稚園は 幼稚園の近くに公立の施設と広い公園があり
その一角にある図書館に 本を借りに行く日があるそうです
その時に使う絵本袋は 道具袋とは別に作るように指示されています
b0318207_13575143.jpg
道具袋のビートルとは色違いです
私はこれを見て きゃっきゃと喜びました
その昔若い頃 1965年製のバハマブルーのビートルに憧れていたからです
そのクラッシックなビートルにそっくりな水色です
喜ぶ私を見て 娘は この刺繍を手伝わせてくれました
すごく嬉しかった…親孝行してくれてありがとう
b0318207_13575295.jpg
裏です
道具袋と区別できるように えほん と マジックで書いた四角い布を貼るようにと
指示書には書いてあるのですが 娘は刺繍をしました
下の車には 道具袋と同じに名前が刺繍してあります
テープで道を付けたので 洒落た感じになりました
道具袋も絵本袋も 持ち手は幅広の柔らかいものにしました
重たくても手が痛くならないし 小さな手にも 持ちやすいだろうと考えたのです

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2016-02-09 01:00 | まるちゃん ちくわちゃん日記 | Comments(0)

入園グッツ その3&4

前回 お昼寝布団を載せましたが
それに使った キルティングの新幹線柄の布は 120㎝しか購入しませんでした
丈はそのまま 布団袋になりました
横幅は 余りが出ました
それを使って その3とその4を作りました
b0318207_13575179.jpg
ただの四角に見えますが 椅子の座布団カバーです
手芸店で中身を購入したので 800円のウレタンの座布団が入っています
ファスナー開きで ゴムが付けてあります

続いては お弁当袋です
b0318207_13574814.jpg
娘の幼稚園では お弁当箱だけはいる袋でしたが
まるちゃんの幼稚園では お箸やスプーンの入ったケースや ランチョンマットも一緒に入れます
b0318207_13575068.jpg
ですから 底の部分はお箸ケースの大きさの長さを取り 幅はお弁当箱の幅です
キルディングの布は この3つを作って手のひらに載るほどの端切れしか残りませんでした
布を購入したお店もきちんとしていて
布目もきちんと正確に売ってくれているので 無駄がないのです ありがたい事です
お弁当袋の持ち手も 綾テープを当ててどうにか作りました
ちょっと値の張るキルティングの布を使い切るのは気分がよいです
これは 形があるものですが 作るのは簡単でした
小さすぎない小さいものって作るのが楽しいです

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2016-02-08 01:00 | まるちゃん ちくわちゃん日記 | Comments(0)

仙台の森の中から 日々のよしなしごとを 綴ります。 


by りすこ
プロフィールを見る