穂高明さんの小説

昨年 穂高明さんの小説に 出会いました
仙台出身の 作家さんです
お名前を見て ネットでさらっと検索して 男性と思っていました
理系の脳みそを持った方で 随所に 理系の話が盛り込まれています
心のひだを細やかに描く
素敵な本を書いていらっしゃいます
心に大きな波紋を残す 一人一人を丁寧に見つめて描いている作品ばかりです
是非 多くの人に 読んでもらいたい小説です

3月11日に 偶然ですが 読んだのが「青と白と」 という
東日本大震災を描いた作品でした
フィクションです と 書いてありますが
これは 彼女の等身大の思いを「小説」という形にした作品と思います
3月7日の河北新報に 彼女がこの小説について語ったものが
写真入りで 記事になったそうですが
大変申し訳ないですが 家では河北を取っておらず
図書館に読みに行くと言うことも しないままに今日になってしまっています
そうなんです 男性と思っていた穂高さんは 女性でした
でも 女性だからって 女性の気持ちがよくわかって
ここまで 年齢の違う女性の気持ちを 深く描くなんて めったに出来ないと思うのです
若いとは言えない年齢ではあれ 年輪を重ねたというほどの年齢でもないです
お年寄りや 親の気持ちを こんなに書けるなんて…
どれだけの経験を 自分の糧にして 生きていらっしゃるのか
それは 考えれば 相当に苦しい生き方なのではないかと 心配になります

本を読む習慣を持つのなら 中学生にも是非読んでほしいし
高校生に読んでもらって 進路や 周りの人たちに対する思いについて
考えを深めてほしいなー と思う 小説です
もちろん 50過ぎて 孫のいる私が感動しているのですから 大人も是非!

「青と白と」を 手にとっても 被災地にいる人には辛いこともあるだろうし
被災地じゃない人には 所詮 活字の世界としか受け取れないかもしれない
ならば 他の作品を是非 読んでみてほしいです

「青と白と」を読んで 主人公の生活が 作者のそのものであるのならば
私は是非 彼女に 小説家として 成功して欲しい
小説を書いて暮らせる 仙台の小説家として名前が出て来る人になってほしい
本当に 素晴らしいものを書いているから
私のブログに書いても この記事は ほとんど誰にも読まれない
彼女の素晴らしさを 伝播させる文章も書けない
せめて 書店で 彼女の作品を買うくらいしかできないのです
とても良い本なので 是非 穂高明さんの本 読んでみてください

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2017-03-16 23:26 | だらだら日記 | Comments(0)

mamazonの配送

先日の 娘への宅配便
少し前に 届いた amazonの空き箱を再利用しました
とても綺麗な状態だったので…
受け取った娘は「あれ?なにも注文してないのに 何が来た?」と
一瞬パニクったそうです
配送カードを見て すぐに母の字だと気が付いたそうですが
その際 mamazonの存在を教えてくれました
遠く離れて一人暮らしをする子供に送る小包
それに amazonの空き箱を再利用して amazonの前に
Mを一文字 足すんだそうです
あーなるほどなー 上手いこと考えるものだなぁ
宅配便 値上がりになりそうですが やっぱりいろいろ届けたいですしね
次回は mamazon 使いたいと思います

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2017-03-09 20:39 | だらだら日記 | Comments(0)

国際女性デー なんだそうです

「女の子なんだから」と 言われて 押さえつけられた記憶もなく
女の子だから得 という人生だったような気がしてます
(しかし 母は 女の仕事という家事をさせることには厳しかったです)
でも セクシュアルマイノリティーについて 切実に考えたりするので
性差による差別 については 考えることも多いです
人生において 実感したことはないのですが
私は 生まれる前に その大きな差別を突き付けられていました
父が「生まれて来るのが男じゃなければ 養子に出す」と決めていたのです
これは明らかに 差別です
女ならいらない
でも 産み落とした後の母が やっぱり手放せないと言ったそうで
養子に出されず今日に至るわけですが
小学生の時には そういう出来事があったことをすでに知らされていました
なんとも思ってないように感じていたのですが
近年 この事を 自分は父に対して恨みに思っていることを知りました
「あー 私 恨んでたんだ」と 気が付いて唖然としました

どうして 男なら養子に出さず 女ならいらなかったのでしょう
農作業の労働力になるわけでもないのに
実に不思議な感覚です

父が そういう差別意識を持っている人であるのは
自分の出生に何か 由来するのでしょうか?
父の母親は 舅姑に気に入られない女で
妊娠が分かっても 嫁として認められておらず
生まれたのが女で有ったら 子どもとともに 里に帰されるはずだった
と 聞いています
父が丈夫に生まれた男だから 嫁として家に入り
父は家長として非常に大切に育てられた
明らかに差別です
そんなことは 昭和の初めでも 当然の事としてあったのでしょうか

性差があるのは 致し方が無いとしても
極力 人を 個性として見極めたいと思っていますが 難しい事でしょう
私は「男らしくしろ」とは 思う機会が少ないかもしれませんが
「女の子のお行儀」に対しては とても厳しい目で見てしまいます
電車に座って膝を揃えていないなんてもってのほか!
「お腹すいたね」って言えばいいのに「腹減らね?」とか言うのは最低!
古い考えなんでしょうねー
みんなが 自分らしい形で 生きやすい世の中になればいいなと思います
また 世界的に 宗教や風習による厳しい女性蔑視や暴力が無くなることを
強く願ってやみません

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2017-03-08 16:42 | だらだら日記 | Comments(0)

30年前のベビー服

30年前 娘が生まれたばかりの頃だったか 1歳になった後だったか
私が縫ったワンピースが2枚 あります
1枚は 水色のセーラーカラーだったので
まるちゃんに着せられるかと思い すでに娘の手元にあります
でもそれは 大人のワンピースのお古から作ったリメイク品で
もう一枚のワンピースよりも 手抜きなのです

これこそが その頃の私としては 大作だったのです
b0318207_14445620.jpg
スモック刺繍で パフスリーブ 女の子のお出掛けワンピースの王道です
30年前は 今よりも トーションレースが売っていなくて
襟もとのレースは綿ではなく化繊の生成りで我慢しています
それに…今見ると つたない裁縫技術です
この後 私は 娘のパジャマやブラウスをたくさん作り
果ては アストラカンというウールの布地で フードつきの裏付コートを縫うまでになります
実践で 誰かに教わることなく だんだんと 少しずつ覚えました
   (でも 主要なことは 学校の家庭科の授業で教わってるものです)
そり遊び用のつなぎとジャケットとリュックサックも作りました
旅行に行くことがある度に 新しい服を作って着せたものです
今ほど 子供服の選択が無く シンプルで好きな色で可愛くて機能的なものが無かったのです
今なら モンベルやファストファッションで 程よい値段の良いものがあるのに
b0318207_14435908.jpg
でも…それにしては ここまで丁寧に刺繍してたりして
20代前半の私 がんばってたのねぇー
先日買ったお洋服とともに ちくわちゃんに着せてもらうように送ります
nextに これくらいの刺繍がされた素敵なワンピースが 安価にあるけれど
これはまぁ 思い出の一枚ということで…

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2017-03-06 15:01 | まるちゃん ちくわちゃん日記 | Comments(0)

ヤマガラが来ました

ヤマガラと思っていたのが ジョウビタキだとわかって
以前 来たことがあるヤマガラが また来ないかなぁ と待っていたら
今日は ヤマガラが2羽と シジュウカラが2羽 スズメたちと一緒に来ました
そう 広くもない庭ですが みんなで仲良く 飛び回っています
ヤマガラって とてもキュート!
ヤマガラの動きは それはそれは すばしこくて
うちの間取りは リビングダイニングに大きな窓があり
そこから庭を見ながら過ごすのだけれど
素早い動きが目の端に飛び込んできて その部屋で仕事にならない!
小鳥たちがやって来てくれる庭は いいです
さぁ 次は誰がやってくるのでしょう
ヒヨドリのつがいと思われる2羽が たまに来て
小鳥たちを追い出そうとするので 難しいかもなーと感じたりします

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2017-02-24 14:06 | だらだら日記 | Comments(0)

仙台の森の中から 日々のよしなしごとを 綴ります。 


by りすこ
プロフィールを見る