大仏さまから

前にも 書いたことがあるかもしれない
ちょっと頭が変な人と思われる話

人は生まれる前に どの親から生まれるか
選んできているという話を聞いた
テレビで「不思議な話」として取り上げられたのだったか…
youtubeで見たのだったか…
生まれる前に居た場所で この世の画面を見ていて
「この人がいい!」と決めて 大仏さまと相談してくるらしい

最初はただの 不思議な話だった
でもだんだんと 自分もそうであったと思うようになった
そうして私は 大仏さまから
『こんな家があるんだけどね
 君ならきっと 此処で役割を果たせると思うんだ』
と 言われてきたように思うようになった
そう思って 私は 合点がいって 看病とか種々の事を 引き受けている
最初から 大仏さまは こういう役目がある事が分かっていたし
どんな風に私がその仕事をするのか見ていてくれる から

例えば今
父の病気が思いのほか 劇的スピードで良くなっていると言われ
リハビリをし始めたと思ったら 退院と言われて
私は 病院での出来事についていけないで暮らしてたのに
退院後の生活まで思い至ることも 引き受ける覚悟もできず
右往左往どころか ただ ぼーーっとして 辛くなっている
そんな時 大仏さまを思い出す
大仏さまは 何もおっしゃらない
多分 このことも 産まれる前に 教えられてきているはずなのだ
『大丈夫 君なら役割を果たせる』というようなことを

私の生き方が いまは それで支えられている
そういうのを『信仰』というのかもしれない

損だとか 大変だとか 可哀想だとか 言う人がいるが
「ねぇ 馬鹿みたいな生き方なのかな」と娘に聞いたら
「そんなことを言う人がいたら 私がぶんなぐる」と
励ましてくれた

出来ることを精一杯やっていれば
閻魔さまに会うと言われている場所で 大仏さまが
「よくがんばりましたね ずっと見ていましたよ」
と言ってくれるのだと思っている


[PR]
by lilywhitesquirrel | 2015-02-18 11:50 | 過去ログ(非公開)

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る