クマの本で考える

涼しい夏
よわっちい私は とても助かっています。
あまり体調は良くなくて 病院に駆け込んで 医者に泣き付いた日もありましたが
全体的には 良い日々を過ごしています。
図書館に 夏休みだからでしょうか。
「高校生に読んで欲しい本」 の コーナーがあって
高校生なんて 35年も前の話だけれど 気になる2冊を借りてきました。
でも 1冊は イジメによる自殺の本だったので 数ページで読むのは止めました。
逃げてはいけないことかもしれないとは 思うのだけれども…。

もう1冊は 3回くらい読みました。
クマと もりと ひと だれかに伝えたい、いまとても大切な話」
日本熊森協会会長 森山まりこ(著)
たぶん 小学生でも読めるように という配慮で 漢字にルビが振ってあります。
簡単に わかりやすく 初歩的なことから みんなに知って欲しい すごい重要事項!
が 熊を守ろうとしたことから始まって 知ってしまった事柄が書いてありました。
「そうなんだよねー」と 聞きかじって知っていることが多数なのですが
書いた森山さんと 周囲の人々のすごい事は
立ち上がって 行動していること。
何もしないで 家から出ないで 本を読んで テレビを見てるだけの私とは大違いです。

大雨が降って すごい洪水になって 木々に押しつぶされる集落
この原因も この本にはわかりやすく書いてあります。
こうなった原因も 私たちがするべきことも。
とても とても 分かりやすく書かれています。

私は さっぱり勉強家じゃないので 知らないことが沢山あります。
例えば…
日本の国土に住める定員はいったい何人なのか?
答えは 江戸時代並みの質素な暮らしをして 3000万人。
いま日本人が吸っている酸素は 日本の森から出るものだけでは到底足りない。
(こんなに緑豊かな国土に暮らしてるのに!と私は無知を呪いました)
熱帯雨林が生み出す酸素で呼吸している。
仮に風が吹かない日が2,3日あれば私たちは全員窒息死する…
のだそうです。
私たちは 無料で 酸素を輸入して生きて居るんですね…
その上 輸入元の酸素製造元の材木を切ってる。
どれだけ 『足る』を知らない民族に成り下がっているのでしょう。

ちなみに江戸時代並みの暮らしは 今の生活のエネルギー消費の100分の1です。
えっと…数字に弱い私ですが つまり 今の生活で日本に住めるのは30万人?
それって…恐ろしく すっごく少ない人数じゃないですか…

クマを守ろうと思ったら 日本の自然を守らないと自分たちの生活が危ない。
子どもたちが大人になる頃には 子どもたちは暮らしていけない日本しかない。
子どもたちからの非難。そこから始まったさまざまなこと…この本の内容です。

本当はもっと 説得力のある文章力を望んでしまう本ではありますが
言いたいことを 皆に伝えたい気持ち は この文章がいいのか…と
3回読んで 思っているところです。

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2017-08-21 11:44 | 過去ログ(非公開)

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る