ラン活

子どもが小学校に入学する前の年度
それは「ラン活」という ランドセル購入に関する様々な行動が 行われる時期だそうです
うちの孫が 今年 それです
別に いいんじゃない?構えなくても 普通に買えば…というのも 当然 〇だと思うし
せっかくなんだから 目いっぱいこだわって 楽しんじゃえ!も ありだと思うし
世の中には この活動をめぐって 両家の争いや親子の断絶や 様々…だそうです
ランドセルのお値段 どれくらいかご存知でしょうか?
ニトリやイオンでも売ってます
ならば お安いのか? というと なんだか そうでもなさそう
あら これいいかしら? とみると 6万するのが並んでいます
私は 6万円ものバックを買ったことがない…
すごいですよね 6歳児に6万のバック 10万を超えるのもあります
でも だからこそ どれを買うか 様々な思いが交差するのでしょう
娘には ランドセルへの憧れがあるそうで それを中心に 話は進みそうです
私は お金を出す準備をするだけです
お金を出すだけ? と 思う人もいるかもしれないけれど
お金を出せるという幸せもある と しみじみ思います。
ちなみに…20数年前ですが うちの子には 1万円のランドセルでした
体が大変小さい子だったので 軽いもの!!と デパートのバーゲンで買いました。
その頃は 女の子は赤と決まっていたし。
壊れたら その時また買いましょう と 私の母が決めたのでした。
6年間 どこも壊れず 大きな傷もつけず 綺麗なまま 使い通しました。
多分…そんなに違いはないんだろうと思います
でも 悩んで「これ!」と思ったものを背負わせられることが 幸せなんだと思います。

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2018-05-09 12:58 | 日々思うことなど

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る