近所の小学生

ニュースで 小学生の下校時の痛ましい事件が報道されている
家から300mの地点
親御さんの気持ちは計り知れない

だから…と言うのではないが 買物の途中 下校時の小学生に声をかけた
小学校高学年であろう男子2名
ラグビーボールでキャッチボールをしていた
小学生がラグビーとは珍しい
私はラグビーには とんと疎いのだが 以前知り合いにパスの仕方を習った
扱いづらいラグビーボールを 手慣れた風に操る小学生
「上手だねーラグビー」というと 多賀城に習いに行っているという
「そうなのー パス とっても上手だったもの」というと 色々話してくれた
ここら辺では 地域と学校が一体となって 挨拶運動に力を入れているので
ほとんどの子が挨拶をしてくれる
子どもが元気に挨拶をしてくれるのも 恥ずかしそうにもぞもぞとあいさつをしてくれるのも
とても嬉しい気持ちになる
『言おうかなぁ やめようかな』と思ってる子に
「こんにちは!おかえりなさい!」というのも おばさんには 楽しいこととなる

踏切から自宅への道は 人通りも少ない どうしたってそういう場所はどこにだってある
小学2年生で先生にすぐに「サングラスの黒服の男」の話を伝えるのは
すぐにするべきことだという判断を求めるのは無理がある
犯人が悪いだけだ たぶん…そういうおかしな癖(へき)を持って生まれてしまったのだ
だけれど 命を持って償わなければならない

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2018-05-10 17:08 | 日々思うことなど

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る