大阪の地震

今日 大阪で震度6弱の地震があったそうで テレビはずっとそれをやってるの。
だって 死者まで出て あんな大都会で それはそれは みんな 大変でしょう。
でも 私 すごい 憤りを感じているんです。
だって 9歳の女の子が きちんと通学路の歩道を歩いていて
学校のプールの壁が倒れてきて 殺されてしまうなんて…
私たち仙台市民は 40年前に「宮城県沖地震」で ブロック塀の恐怖を知っています。
でも 遠い大阪では 学校や府や市は それを 知らなかったでは済まされないはずですよ。
私たち仙台市民は その後も いくつも大きな地震を経験しました。
東日本大震災は 恐ろしいものだったけれど 他にも いくつもあったんです。
ですから 子どもたちには 家庭で
ブロック塀のそばで地震が来たら 立派だと思っても そばに居てはいけない
大きな石でできた塀は 中に芯が入ってないから 倒れてきたら 命が危ない
大きな岩を積み重ねて作られた立派なお家の門は 危ないから ここで地震にあったら…
と 通学路で 教え込んだものでした。
けれども 私の住む町は ブロック塀を作ることは 基本的に禁止されていて
避けなければならない箇所は 低学年でも覚えきれるくらいの数ではあったのですが。
どうして 学校の塀が 子どもを殺してしまうものだったのでしょうか?
宮城県は 東日本大震災の前に 宮城県沖地震が数年の間に99%来る!と 言われていて
県も市も 相当対策をしてきているように思います。
学校の耐震化工事はほぼ100%と聞いていたし 市や県の庁舎も 終えていたはずです。
それでも「大川小学校」や通園バスのような 哀しい出来事がありました。
ブロック塀は 防げたはずです。
すごい 憤りを感じるのは 私ばかりではないでしょう。
仙台市民が「ブロック塀は危ない 命を守れない」と あれ程言って来たのに
全然届いていない…
ネットをしていて 西日本に住む人は 東北って外国みたいに遠いって思ってるのは
よく知っているんだけれど
でも 南海トラフ地震で怖いのは 津波ばかりじゃないはず
今回来た地震は 秀吉の時代の大地震の活断層と同じ場所だったとか
東日本大震災だって 伊達政宗の時代と同じだったのだし
なんでなぁー 対応が出来ないんだろう…
ここに書いても 誰にも届かないんだろうけど
テレビで見て独り言ちていても 憤りが止まらないので 書いてみたの。

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2018-06-18 15:39 | 日々思うことなど | Comments(0)

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る