不安(独り言)

私は 現地に行くことも出来なければ 社会的な活動も無理なので
無意味に ここで 誰も見ないブログを書いて独りごちる
無力なので 考えを伝えることも もう出来ないなと思っている

気になる事が有る
道路端で 餌をねだる動物がいる
自然界の枠から離れてしまった野生の動物が待つのは『死』
交通事故の危険性もあれば 自然に餌を捕ることもできなくなる
野生を捨ててしまった事を意味している
野生に戻す手段はないだろうか? もう無理かもしれない……
餌を与えられることを覚えてしまった動物は 人間に保護されなければならないのではないか
それは そこで餌をもらい続ける ではなく 保護施設に入れること…だろうが
ネットで多くの情報を得る現代
そのネットの呼びかけを きちんとそのまま受け止めてくれる人ばかりではないだろう
私が危惧するのは その「呼びかけ」が おかしな形の「呼び水」になり
子どもを車に乗せて『動物さんに会えるよー』 『餌をあげようねー』
と言い出す人間が いるのではないか… という 考えである
子どもではなく 可愛い彼女さんとのドライブ かもしれない
場所の近さが そんな不安を私に抱かせている
考え過ぎだろうか…
他の動物に関しても 実は同じ不安を抱えている
ニュースでも紹介された地名
建物はとても少ない
施設を見つけ出すことは そう難しいことではないかもしれない
危険を伴うことではあれ「車に乗っていれば大丈夫」と考え
近づく人がすでにいるのではないか?
というのも 私がそう考えたからだ
車に乗って 体調の良い早朝に行ってみようか…
多分私のこの ミーハーな発想は 一般的な発想だ
私は非常にミーハーな人間だから…
誰かが 行くに違いない…と言うか既に行っているのじゃないだろうか
動物のあれほどの過密地域である事実 が分かっている今
施設の人間や 習性を知った人間がいくことは 問題にならないだろうが…
怪我をさせることになったとしたら…
そこに考えもなく近づいた人間が悪ではなく 動物が悪になりはしないだろうか

現場に行けない人間であり 自然のために活動することも出来ない私には
発言をしたりする権限はないと思っているので
誰も見ないここに書くだけにする
浅はかな考えが 現実にならないことを 祈ることしかできない無力
口をつぐむ

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2018-08-29 20:09 | 日々思うことなど | Comments(0)

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る