感謝の日

何度か書いているが 私はお節介である。
言い方を変えれば 善い行いをすすんでしようと思っている。
今日は 天気が不安定で 体調も最悪に近い状態だったけれど
昼近くに 仕事の約束があり なんとかかんとか 車で出かけた。
予定よりも30分早く着いたのだが なんと 全員が早く到着していて
仕事は とんとん拍子に進み もう一つ仕事を片付けられる時間が残った。

仙台駅前に行く。
手土産が必要で 駅の中をうろつく。
いつもの場所が工事中で さっぱり手土産が買えない。
あるお店の前で 白杖を持つ男性を見かける。
点字ブロックに沿って歩いてきたようだが 突き当りで壁にぶつかってしまったらしい。
ボランティア活動をして 視覚障害者への理解を呼び掛けていた者として
ここは すごく運命的な出会い!! 即座にそばに行き声をかける。
ただ 彼の目的地を聞くと その壁の場所の店だった。
では・・・と 店の店員さんの場所まで案内して 「買い物にいらしたそうです」と
店員さんにお願いをしてきた。

外に出ると 雨が落ちてきた。傘は持って歩いていたのでさして歩く。
ペデストリアンデッキで エレベーターから高齢の女性が下りてきた。
傘を持っていないようだ。
歩く方向が同じなので 声をかけ 一緒に傘に入り歩きながらおしゃべりをする。
アーケード迄は 私は目的地よりも遠かったのだが おばあさんを濡らすわけにもいかない。
へらへらと 世間話をして楽しく歩いた。
とても感謝してくれた。おしゃべりをするのは本当は苦手なのだが
こういうお節介が私は大好きなのだ。
ほとんど 引きこもりみたいに家にいることが多いが
出掛けるとお節介をしている。
生き甲斐のようなものだと思う。
体調はすぐれず 帰って来たら疲れ果てていたけれど どこかしら爽やかな気分がある。
丁度そこを通りかかっただけのことなのだけれど 嬉しかった。
これはたぶん 今日の私へのご褒美だと 考えている。ありがとう。

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2018-08-30 15:56 | 日々思うことなど | Comments(0)

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る