透析臭

父は 人工透析患者です。
もう87歳なので 運動はほとんどできなくなっています。
この夏は暑かったので 夏以前と比べて ぐんと 動きが減ってしまいました。
階段も登れるし 自分の身の回りのことは自力で出来ますが
でも 一度上り下りした階段を 忘れ物をしたからと もう一度登るのは無理です。
私なら歩いて5分の床屋も 歩いて行けなくなりました。
たまにドライブをしたり 大型スーパーに買い物に行ったりしますが
それでも 歩く距離はどんどん少なくなるばかりです。
図書館の返却日も 守れなくなっているくらい 出掛けるのを嫌います。
ですから 筋力の衰えは 数値に出て来ました。
管理栄養士さんから タンパク質をもう少し取りましょう と言われたそうですが
父は 肉を美味しく感じなくなってしまったので
何に入れても 肉をよけて食べる 好き嫌いの子どものような食べ方をします。
チーズや卵を食べたい というので 食べきりサイズのチーズを買ってみました。
そしたら途端に 透析臭がきつくなりました。
わたしだけが感じるのかもしれません。
私の臭覚は 犬並み と 家族に嫌われるのです。
だから 父の体調の変化を 臭いで感じられます。(でも口に出すことはありません)
きつい 独特のアンモニア臭に近い臭いです。
それを 顕著に知ったのは 3月11日の震災の後で
人工透析患者が 透析を受けられずに 病院の再開や 利用可能な透析病院の空きを待つ間
食事を出来るだけ食べないようにして過ごした数日間
日ごとに父の臭いが強くなっていった あの余震におびえながら父を見守った日々でした。
あれは 体に 毒素が溜まっていった臭いなのですね。
台風の影響で締め切った窓の部屋で一緒にテレビを見るのは
私には 激しくきつい状態でしたが 故意にしてるものじゃないので我慢します。
病人に「臭い」とは とても言えません。
たぶん 透析で たんぱく質を多くとった分を抜け切れていないのだろうと
素人判断です。
そうでなければ…体調がだいぶ悪いのだと思います。
今の世の中は 在宅介護やおしめを使う人のための消臭剤が有ります。
もちろん 家にもあって 父が席を外した時に 使ってみましたが
今日の臭いは ひどくきつく 効き目はありませんでした。
筋肉の衰えは 本当はたんぱく質を取っても 抑えられません。
運動が大切です。
衰えは足腰ばかりでなく 自信があった腕力も衰えていて
ジャムでべたつくジャムの瓶を 彼はもう開けられません。
新しい瓶はもちろん びくともしません。 ビニールのパックも難しいです。
ポテトチップの袋は さりげなく 開けてから渡します。
本当は 透析患者が 多くタンパク質をとることは
体内の毒素を増やす事なので 良くないのです。
今まで通り 私が作るくらいの量を食べていてくれたらいいのですが…
きっと 焦りがあるのでしょう。努力の人ですから…。
窓が開けられたら 何のことは無く 同じ部屋にいられます。
誰に言えることでもなく ただ 私は情けない奴なので黙ってるのが難しく
ここで 独り言ちています。

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2018-09-05 00:29 | 日々思うことなど | Comments(0)

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る