日本の秘湯を歩く

大げさな題名ww
父の趣味で 日本秘湯を守る会に加入している宿に行く
スタンプを集めだして 10件を過ぎているので 無料で宿泊できる。
一番好きな温泉に行ってきた
福島の濁り湯である
同じ場所4回目
いつも以上に御馳走をたっぷりと出してくださり
いつもと同じように心地よい接客をしてくださった
台風が来ていたが 夜中 知らない間に通り過ぎ 朝には快晴だった
ただし 林を通っていく露天風呂への道は 木の実が落ち お風呂は葉っぱが浮いていた
頭の中で『風の又三郎』の文章があちこち浮かんで
お湯の中で その世界に浸っていた
露天風呂から宿泊棟に戻るとき 小指よりも細い それでも30cmありそうな蛇に逢った
ちょっと ドキッとするけど 「あーきっと良い事が有る前触れ」と考える
宿から車で山を下るときには 車の前を リスが走って通り過ぎた
「プレゼントはこれかな!」
動物たちのブログを見せていただいて
宮沢賢治などの 物語を昔から好む私は
「手のひらを太陽に」を 涙して歌う人間
全ての虫を殺さない というほど 徹底していなくて 室内では殺虫剤も使うが
道の真ん中で カマキリを見れば「踏まれるよ」と草の中に移動させる
クモを嫌う女性が多いけれど『虫を食べてくれるよ』と殺さずにいて欲しいと頼む
肉は食べない などとは言わないが
「みんなみんな 生きているんだ!」と自分に今も命があることに感謝してる
小雨の中を 露天風呂につかりながら
雨の森では 動物たちが雨を喜んで 雨で落ちる木の実を探している話を思い出していた
今日は 動物たちは お腹いっぱい木の実を食べただろうか
私は旅館のご飯を とっても沢山食べてきたよ

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2018-10-01 20:13 | 日々思うことなど | Comments(0)

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る