読書の秋

題名とは違い 読書はいつの季節もしています。
活動的にできないので 文字は 身近な存在です。
でも 文章力や表現力は なかなか 身につきません。
残念なことです。

ネットを通して 本の紹介をしてくださる方がいて
その本を読みます。
今も 読んでいますが 今読んでいる本は 小説と違って
ばばばばっ!と 読み進める事が出来なくて 丁寧に読んでいます。
そうしないと 理解が出来ないのです。
小説なら 1日に1冊読んだりしちゃうのに その本は もう何日もかかっています。
でも 想像しながら じっくりと考えて 読み進む本は 素敵です。

「どんな本を読むの?」と聞かれるのは 脳みそを覗かれるようで 恥ずかしいものです。
滅多に人に 教えられません。
タンスを開いて見せることはできても 本棚や読書カードを見せるのは勇気が要ります。
ですが「この本がおすすめですよ」と言ってくださるのは とても素敵だな と感じます。
もう 何冊か 「きっとこの本が」と 教えてくださっています。
同じ本を読むと 同じ経験をするように 近しい 親しい 特別な感じがします。
ある出来事に 同様の感情を持つ というのは 仲良くなれるきっかけになるでしょう。
本は 心を揺さぶる力を持っているので
ブログの 私の文のようなつたないものと違って
とても大きな力で 人を 異空間に運んでくれます。
そこにはいろんなものが待っていて 沢山の経験が出来ます。
もちろん 実体験には及ばない と言われたら「そうだな」と思うのです。
読んで知っていることと 経験値を積むことは 全然違うのは百も承知で
でも 同じ本を読んで 同じような興味関心について考えるのは
とても ワクワクすることじゃないですか!!
今 毎日 それをしています。
異空間は 想像を絶する世界で 常に厳しく でもまた ワクワクがつまっていて
すばらしいんです。
しばらく 毎日 この世界を旅することになりそうです。

[PR]
by lilywhitesquirrel | 2018-11-09 00:37 | 日々思うことなど

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る