父の後ろ姿

娘が 孫の春休みを使って帰省してたの
とても嬉しい毎日だったわ 娘といっぱいお話しできたし

春まだ浅い お気に入りの温泉に1泊してきたの
素敵な露天風呂に行く登り路
b0318207_19461721.jpg
何気なく映した1枚だけど 家に帰って見て 愕然としちゃった
弓道の腕前がめちゃくちゃすごくて 社交ダンスを趣味にしてた父は
今も 私と歩けば 夫婦に見えると評判で(32歳年齢差)
歩く姿が若々しいって思っていたのに
写真って怖いわね
いくら上り坂だからって これじゃ おじいさんじゃないの!
それに 父は この先の露天風呂まで歩くのがやっとなの
ゆっくり ゆっくり 歩いて ようやくたどり着くの
旅館でも お風呂と食事以外は 寝てるだけだったわ
家にいてもそうなんだけどね

今回は とても利口な5歳のひ孫が ひい爺さんと一緒にお風呂に入って
孝行を尽くしてくれたわ
でも ひい爺さんは ちょっとおかしなくらい 1歳の女ひ孫に甘すぎて
5歳のひ孫に意地悪を言うものだから
もう少しゆっくりしていってもよかったのだけど
なんとも 情操に良くないと判断して 娘たちは早めに帰ることになったの
理屈が通らない年寄り
慣れないにぎやかな生活に疲れたのもあるだろうけれど
「長生きしてね」と 誰も言わなくなるような晩年って 悲しいものよね

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2018-03-26 20:01 | 日々思うことなど | Comments(0)

くぎづけ

昨日 パソコンに写真が1枚送られてきたの 娘から

週末の公園で遊んでる孫二人の写真なの
下の子が 1歳を過ぎて
この子も 慎重派なのね 手を放して歩けるのに なかなか歩かない
行きたい場所には ハイハイで行くんですって
上の子も結局1歳3か月までそんな状態だったの
実は娘も 同じタイプの子だった
でもね 歩くのが早くても遅くても 運動神経や足の速さに関係ないのよ

1歳の子は 上の子が履いていたギンガムチェックのシックな靴を履かされて
ローズカラーのコートを着て 公園の遊具のところで 嬉しそうに立っていて
上の子が 隣で 楽しめるように遊んであげてるシーンなの
送られてきてから 何度見たか 分からないくらい見てるの
子どもの写真はアップしないと決めているから ここには載せられないけど
目がくぎ付けって まさにこのことね
とても嬉しい成長を感じる写真なの
今週 春休みになったら 顔を見せに来てくれるんだけどね
実物が見られるってわかってても 写真は嬉しいわ
ババ馬鹿で ごめんなさいね

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2018-03-13 15:57 | 日々思うことなど | Comments(0)

父と母の『神田川』

今日は 晩御飯のおかずの付け合わせに
ほうれん草たまご を 作ったの
ほうれん草のバター炒めを作って それに とき卵を合わせて炒める…
本当の名前は何というんだろうな
今は野菜が高いし それでも 栄養は欲しいので 色々考えてしまう
でも本当は これくらいの値段は お百姓さんの労働を思えば 安いだろうっていつも思ってる
私が自分で作ったら 大根を100円で譲ってあげるなんて太っ腹なことはできない
すっごい大変だったんだよー って 言ってしまうと思う
本当にお百姓さんはえらいし すごい

ほうれん草たまごは 私に母の昔話を思い出させるメニューなの
母は 父と社内恋愛で結婚したんだけど
父はとても貧乏な人で でも 夢が有って お給料の半分で暮らしてたんですって
だから 結婚して最初に住んだ 高円寺の北口にあったアパートは
共同の台所の とても小さな1部屋があるだけ
お風呂は 銭湯に手をつないでいって いつも母が先に出てて・・・
「神田川」を聞いたのは もう 子どもも3人いて 夢を突き進んでる時だったけど
あの歌は 高円寺のアパートでの暮らしのままだった… って言ってたの
いくら何でも3畳一間は 父が独身時代のアパートだったらしいけどね
それに あの父が いくら新婚でも「優しかった」だろうはずもないなーと思うけど

そのアパートの共同の台所で 同じアパートに住む女の子が
まだ若い母に よく話しかけてきていて
「今日ね うち ごちそうなのよ ほうれんそうたまごなの」 と言ったのですって
私が子供のころそれを聞いたときは「ほうれん草たまごが甘くて好きだったのね」
って 自分の気持ちと重ねていたのだけど
でも ごちそうではないな…ってのは 分かってたの
ごちそうって お肉が出てこなきゃ ごちそうじゃないって 私は思ってたから
大人になって思ったのは
ほうれん草たまごを お姉さんに嬉しくて話したくなるほどだとしたら
普段は 何を食べていたんだろうな…ってこと
それに たぶん今日のうちのほうれんそうみたいに バターいっぱい入れたりしないだろうし
「三丁目の夕日」の時代の話だけど その狭い共同台所のアパートに家族で住んで
ごちそうじゃない日は 何を食べていたんだろう…

その女の子は 今 どこでどうしているんだろう
もう高齢者よーなんて 笑って話しているだろうか…
もう太っちゃってー なんて 甘い物が好きだろうか…
でも 遠く離れた会ったこともない人間が
ほうれん草たまごを食べるたびに あなたのことを思ってるなんて 思いもしないんだろうな

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2018-03-13 00:37 | 日々思うことなど | Comments(0)

おばあさんは山へ水くみに

今日は朝から すっごく良いお天気だった
でも 起きてすぐ新聞を見るんだけど 明日からは雨や雪になるのね
うちは 山の湧水を お茶とかコーヒーとか 炊飯とか煮物に使うの
20リットルのポリタンクは 運ぶのが大変だから 2リットルのペットボトル
本当は「大五郎」の入れ物が欲しいけど 中身が要らないから買わないの
中身だけ欲しい人 ペットボトルだけ安く売ってくれないかなって思う

こうやって 余計なことを書くから 私のブログは長くなるんだわ…

冬の初めに汲んできた水 湧き水は ぜんぜん 悪くならないのよ
どれだけ水道水って 不純物が多いんだろうなーって思う
でも 今月末までは持ちそうにないの でも ここから1週間天気が悪そうだし
そのあとは 月末まで忙しくて汲みに行けないと思って
まだ寝ている朝寝坊の父を起こして お山に水を汲みに行ったの
お水だけじゃなくて 大好きなお蕎麦屋さんで お蕎麦が食べられるのも魅力
先月新しくなった車に乗って 初の遠出 快適なドライブ

お山の水といっても 水汲み場は 道路からほど近い場所
雪さえなければ あっという間に終わるんだけど…
雪の高さが 2m超えだったと思う
こういう時に写真を写してくればいいのね…
もともと 道路から2,3m下がった場所に 水が出ているんだけど
2m雪を登って そこから 滝つぼに降りていくように
誰かが作ってくれた階段状の雪道を降りていくの
私は この間買ったブーツを履いていたし 雪の上は得意だから 全然滑ったりしないけど
それでも ペットボトルに水を入れた12kgを 抱えて上り下りは大変だった…
水を汲む場所も 足場がほとんどない状態だったし
来年も こんなに雪が降るようだったら 4月まで止めようと父と語り合ったの
でも たっぷり水を汲んで 疲れ果てたけど とても満足したわ

道は綺麗に除雪されていたけれど ところどころ 1車線しか作れなくて
交互通行にされてた
元は 冬季閉鎖の地域だったから やっぱりすごい雪が降るのねー
でも 今の時代 ソーラーシステムとLED電気で 簡単に信号機が設置できるらしく
あれってすごいなーって思ったわ
春になると 雪崩の音が聞こえる山…なんだか懐かしく思い出した
そんな中にいて カモシカが斜面を歩くのを見たりしたいなーと
出来もしないことを 夢見た水汲みの日でした

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2018-03-07 17:30 | 日々思うことなど | Comments(0)

庭のアイドル

そもそも「傷物・訳アリ」のリンゴなどを買うことが多いので
箱の中に 食べる部分が少ないものがあったりすると 庭のメインツリーに下げて
鳥さんたちに 分けてやることが多い
今日は 木に 正月飾りの だいだい と 傷物のリンゴがあった
だから 鳥たちがやって来るのを見て過ごす時間が楽しかった
小さい小鳥たちは 種類が違っていても仲がいい
シジュウカラ ヤマガラ ジョウビタキ コゲラ スズメ・・・
こういう「かわいい子」たちを 私は「アイドルたち」と呼ぶ
父に「今日 アイドルちゃんたちが来たのよー」 などと報告する
父は うちに来る地域猫のシマを「りすこの友達」と呼ぶ

今日はそのアイドルたちの中に いつも来ない子が混じっていた
地味な色に見える… うぐいす? いや…センダイムシクイ?
小さな双眼鏡(山ガール時代ウエストポーチに入れてたもの)で 見てみる
メジロだった たぶん2羽だが 入れ替わっても顔の違いが判らない
ものすごい大食漢で リンゴを「お腹壊すよー」と言いたくなるほど食べてた
メジロが来るということはもうすぐ春なんだろうなー
いくら何でも これからすごい寒波が来るような年に 北上しないだろうから…

アイドルたちの仲間には数えられないけど ツグミも来た
つぐみ という名前を子供につける人がいるけど(小説にもあった)
名前を付けたくなるような容貌では無いと 私は思う
でも くるみ という名前は可愛いけど 特別 くるみの実が可愛いと思ったこともない
言葉の響きでつけるのね…お名前
でも 人見知りのツグミが 庭に来てくれるのはとてもうれしい
明日も来るだろうか…
だけど明日は仕事でちょっと忙しい

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2018-02-21 18:11 | 日々思うことなど | Comments(0)

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る