小さすぎるクマの話

うちの台所は 北を向いていて 街路樹のある通りに面している
街路樹は こぶしの木
葉は落ちてしまい 毛皮を着た冬芽がとても可愛い
こぶしの木は あまり 長生きじゃないらしくて
40年を過ぎた道の中で すでに何本かは 折れたり倒されたりしている
台所から見える木も 相当 年を取ってきている気がする
根元に ウロが出来ている
そもそも こぶしはそんなに太くならないから ウロだって小さい
ウロの中に入れるのは ネズミくらいだろう
ネズミって言っても 色々いるんだろうけど
そうねぇ たとえば キンクマハムスターくらいかな
もちろん キンクマハムスターは 寒いところに居られないから
大きさの例えでしかないのだけれど

台所仕事をしながら コブシのウロを見て なにげなく ぼんやりと考え付いたこと
あそこに 小さなクマが冬籠りをする…
いつも見せていただいている船形山のブログで
木のウロで冬籠りをする 大きな木の写真を見せてもらったからだろうな
こんな住宅地の 車が走る舗装された道の木で
クマは 冬籠りなんかしない
でも クマの事を考えた

小さすぎるクマは 生まれた時から本当に小さくて
お母さんのおっぱいに食らいつけないくらい小さい口しかなかったのだけれど
冬籠りの巣の中で 他の兄弟が飲んだ後に
お母さんのおっぱいの周りについた甘く濃いおっぱいをなめるだけで
小さすぎるクマには十分すぎるほどだったから
小さすぎるクマは 兄弟にもお母さんにも特に邪険にされることも
大事にされ過ぎることもなかったのだけど
兄弟がお母さんの所を離れるまで 一緒にお母さんの所で暮らせた…

うん…そんなことはありえない
わかってるけど 絵本の世界で思考してる私の発想だからね
細かい事は気にしちゃいけない
細かい事を気にしたら
いろんな絵本は すべて成り立たなくなってしまうものだからね

小さすぎるクマには 山の暮らしは難しかったけれど
里山の人が減ってしまった集落の コブシのウロは 丁度よかった
クマって 獰猛だと思われてるかもしれないけれど
そんなに肉食じゃーない
小さすぎるクマには 小さいなりに 食べ物が調達できて 困らない
タヌキよりも小さいから 苦労はそれなりにあるけれど
たまに人に会うこともあるけれど 人は オヤ?と思うけど
クマだと思うことは無いらしく…それに滅多に人前に出ないようにしているしね
捕まえようなんて思われないで暮らしている

お皿を洗ったり片づけたりする間に そんなことを考えていた
小さすぎるクマの話

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2016-11-25 16:54 | 過去ログ(非公開) | Comments(0)

入園グッツ その7

ながなが 入園グッツを載せてきたけれど これで最後にしましょう
スモック袋と お着替え袋です
b0318207_23375371.jpg
基本同じ形で 持ち手がついているか ついていないかの違いです
どっちがどっちだったのか…忘れてしまいましたが
指示通りに作りました
参考サイズは違ったのですが 容量が同じなので 同じに作りました
ツートーンに赤白のテープが入るだけで
模様が立体的に見えて ピリッと引き締まります
デザインって面白いんだなーと 凡人の私は感心しました
まっすぐステッチミシンをかけるのは緊張したけれど…
二つとも 使用時には 上に紐を入れて 巾着型にして使います

じつは まるちゃんは 嫁ぎ先のおばあちゃんのお母さん…
つまり 曾おばあちゃんが亡くなったので 急いで実家に帰ってしまったのです
それはもう 今から1週間ほど前の事です
ですから いりようの物だけ持って 荷物は葬儀を終えて家に帰ってからあとに
宅配便で送ることになったのです
この巾着型の袋に お名前アップリケを縫い付ける間もなく
あわただしく 大好きな新幹線に乗って 帰って行ったまるちゃん
私にぺったりとくっついて過ごしていたので
泣いたり 寂しがったりするかなーって思ったけれど
新幹線に乗れる嬉しさや 新幹線がホームにたくさん止まっている興奮で
私と別れることなんか まったく意にかえさないまま
まるちゃんは帰って行ったのでした
絵本で読んだように 新幹線の中でお弁当を食べるように
美味しそうな駅弁を持って シートから手を振ってくれました

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2016-02-11 01:00 | 日々思うことなど | Comments(0)

入園グッツ その6

これは まだ 完成とは言えないと思うのだけれど
今から 荷造りをして 送らなければならないので
上に紐を入れて 閉じられるようにした写真は省略します
入園グッツその6は上履き入れです
指示されていることは 大きめで自分で入れやすく
落ちないように紐をぎゅっと引っ張って閉じられる巾着タイプ ということ
袋物には ビートル柄の洒落た柄の布を見つけたので ママがチョイス
b0318207_14042598.jpg
落ち着いたデザインで 品のいい袋に仕上がりました
まるちゃんは 小柄な子なので 持ち手は短めにしました
振り回したり 引きずったり…しそうな気がしますから
絵本袋と同じで 持ち手は柔らかく…丈夫さよりも持ちやすさを重視しました

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2016-02-10 01:00 | 日々思うことなど | Comments(0)

入園グッツ その5

その5は 傑作です
絵本袋です
まるちゃんの幼稚園は 幼稚園の近くに公立の施設と広い公園があり
その一角にある図書館に 本を借りに行く日があるそうです
その時に使う絵本袋は 道具袋とは別に作るように指示されています
b0318207_13575143.jpg
道具袋のビートルとは色違いです
私はこれを見て きゃっきゃと喜びました
その昔若い頃 1965年製のバハマブルーのビートルに憧れていたからです
そのクラッシックなビートルにそっくりな水色です
喜ぶ私を見て 娘は この刺繍を手伝わせてくれました
すごく嬉しかった…親孝行してくれてありがとう
b0318207_13575295.jpg
裏です
道具袋と区別できるように えほん と マジックで書いた四角い布を貼るようにと
指示書には書いてあるのですが 娘は刺繍をしました
下の車には 道具袋と同じに名前が刺繍してあります
テープで道を付けたので 洒落た感じになりました
道具袋も絵本袋も 持ち手は幅広の柔らかいものにしました
重たくても手が痛くならないし 小さな手にも 持ちやすいだろうと考えたのです

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2016-02-09 01:00 | 日々思うことなど | Comments(0)

入園グッツ その3&4

前回 お昼寝布団を載せましたが
それに使った キルティングの新幹線柄の布は 120㎝しか購入しませんでした
丈はそのまま 布団袋になりました
横幅は 余りが出ました
それを使って その3とその4を作りました
b0318207_13575179.jpg
ただの四角に見えますが 椅子の座布団カバーです
手芸店で中身を購入したので 800円のウレタンの座布団が入っています
ファスナー開きで ゴムが付けてあります

続いては お弁当袋です
b0318207_13574814.jpg
娘の幼稚園では お弁当箱だけはいる袋でしたが
まるちゃんの幼稚園では お箸やスプーンの入ったケースや ランチョンマットも一緒に入れます
b0318207_13575068.jpg
ですから 底の部分はお箸ケースの大きさの長さを取り 幅はお弁当箱の幅です
キルディングの布は この3つを作って手のひらに載るほどの端切れしか残りませんでした
布を購入したお店もきちんとしていて
布目もきちんと正確に売ってくれているので 無駄がないのです ありがたい事です
お弁当袋の持ち手も 綾テープを当ててどうにか作りました
ちょっと値の張るキルティングの布を使い切るのは気分がよいです
これは 形があるものですが 作るのは簡単でした
小さすぎない小さいものって作るのが楽しいです

[PR]
# by lilywhitesquirrel | 2016-02-08 01:00 | 日々思うことなど | Comments(0)

少しずつ 再開と思いましたが 無理があり あまり更新できません。


by りすこ
プロフィールを見る